人生面白く。

3男(7歳/5歳/3歳)の父親(38歳)のトライアスロン時々日記。

反省と課題とこれからの目標。

姫島後の月曜は、職場より夏休みを1日頂いた、大変有り難い。感謝します。

なんとも幸せな1日でした

ママさんと、三兄弟を保育園へ送り出し

燃えるゴミを出してからは、何もせずにリビングでテレビをつけてゴロゴロ

外は、雨。それにしても良く晴れてくれたなと姫島トライアスロンを思う。

 

職場に着いた、、ママさんから勉強会で遅くなる連絡入り

次男と三男の予防接種に行って欲しいとのおまけ付き

今日1日、どう過ごそうか決めて無く、完全にリラックスしていた自分に

今日のタイムリニットが16時とこの電話で決まった。

晩御飯は、生姜焼きをママさんが仕込んでるので今日の料理当番はなし。

 

何をして過ごそうかと、幸せな考え事をしていたら、2時間寝てました。

起きてから、前から食べたくて我慢していた、ラーメンを昼ご飯にする事を決め

今年は、トライアスロンもう出場しないし、これからどうするか考える。

良い結果を出したくて、焦って練習をしたりと、精神的に辛い状態での時間が

今回は多く、姫島終わったら、しばらくゆっくりするとも考えていた。

しかし

! スイムのバトルに完敗、ほぼ自分の泳ぎを出来ずに、平泳ぎもしながら

 400mをやり過ごした事。

! ランでは、相変わらずのキロ6キロペースで、いつもの展開でどんどん選手に

 抜かれる悲壮感と情けなさ。

! 大会前より天候が悪く、モチベーションがとても下がった精神的な弱さと、仕事と育児、家庭、トライアスロン練習へのストレス感のコントロール不足。

 

バイク時に練習の成果を感じながら走れた最高の時間やゴール時の達成感は、もはや自分の人生において、生きる理由の一つになるくらいの大切な存在になっている事。

これは、練習量に比例する事。

 

などを、ラーメンを想像しながらの頭で回想した。

取り敢えず、プールセットを持って、ラーメン食べに行く

オッサン36歳の午前中でした。

また、来年、今の自分を倒しに姫島へ行きます。

f:id:JinseiOmoshiroku69:20150901054239j:plain