人生面白く。

3男(7歳/4歳/2歳)の父親(38歳)が、トライアスロン挑戦日記。

体調管理は、基本なのに(バイク編)

トライアスロンの週は、なぜか仕事も忙しく

子どもは、寝ないは、台風の襲来で熱帯夜でうまく睡眠をとれない

でもあまり、気にせず過ごしてした。

他にもいろいろあり、寝不足やら疲労もうまく抜けていなかったのだろう

なんと11日に発熱する、これはショックでした。

すごい倦怠感。

12日はなんとか、熱は下がったものの

頻繁に咳のでる状態

もう、エントリーを辞めようか迷うほど

一緒に行く友がいなければ、辞退したかもしれない。

けして無理はしないことを、誓い出発。

友は、支えです。

 

そして、大会本番、体調は、徐々に回復傾向、咳は出るけど。

15分前の入水では、思ったよりも随分体は軽く、嬉しかった。

体が動くか心配でした。

スイムスタートは、150人の最後尾で、スタート

たくさんカメラに手を振ったのに、ユーチューブに写ってないとは・・・

ウエットのおかげもあり

海で2回ほど練習したかいもあり、緊張することなく、泳ぐ

ここで、大きな間違いと反省、ついついスピードを出し過ぎ

スイムの単独練習くらい、追い込むことを無意識にした様だ

スイムで上がった時は、50位代

一番苦手なスイムで、100人追い抜いて、力を使い果たしていた

陸に上がった時点で、その間違いに気付く

風邪を引いていたのだ体調は、やはり万全ではないのだ

まったく、息が下がらず、走れない

皆さんが、走ってバイクに向かう中

砂浜は、全て歩いて移動、苦しくて、走れなかった・・・。

さすがに、通しで練習をしていな経験不足と思い違い

それに、スイムでは混雑していて、クロールだけでなく

平で、足も随分使ったと反省。

 

トランジェットでは、1秒を無駄にしないと思っていたのに

ゆっくりとしか動かず、なんとかバイクを押し出す

バイクを押しながら、走るのって、こんなにキツイのか!!!

この間に、随分の選手に抜かれたと思う。

もう、それどころではなく、未知の疲労感の中、あとバイクとランを

こなすことで、頭は、いっぱいでした。

 

でも、スイムだけは、上出来です。

これなら500mや練習すれば1kmも視野に入りそうだ。

力を抜いて、小さな力で、進むことを習得しよう

バトルは、しないのだ。

最後尾スタートでも、余裕を持って、距離を稼ごう

大変貴重なスイム経験を、本番でする。

練習で気付けばなお良かったが・・・どんまい。

でも、面白いのだこれが。